信頼性 - 日本信頼性学会当学会に関するお問い合わせホーム事務局からのお知らせサイトマップ信頼性 - 日本信頼性学会 -
ホーム  >  故障物性研究会 活動トピックス

故障物性研究会 活動トピックス

定例会
  年間で6回開催(原則は偶数月第4週金曜日,13時~17時)予定です。


● 故障物性研究会 第135回(12月例会)のご案内

1.日時:2017年12月8日(金) 13時00分~17時00分

2.場所:日科技連 東高円寺ビル
     〒166-0003東京都杉並区高円寺南1-2-1
     http://www.juse.or.jp/upload/files/map_koenji_data0227.pdf
     (本部(西新宿)ビルではありません。お間違えのないようお願いします。)

3.議題
13:00~13:15  1)幹事会からの連絡事項
             ・新入会員の紹介、オブザーバの紹介 等

13:15~14:05  「プレゼン」 タッチパネル研究所(株)  商品開発部 田中 鍛氏
        タッチパネルの種類・構造・不具合事例について

14:05~14:55  「プレゼン」 レシップ電子(株) 山田智敬氏(会員)
        ボイドによるはんだ接合部の熱疲労寿命への影響

14:55~15:10       (休憩・座席配置変更)

15:10~16:50  「ディスカッション」 故障解析技術の活用と伝承,そしてAIを活かせるか
         司会進行 斎藤 彰氏(村田製作所)
         1)故障解析の課題(アンケート結果説明)
                            アドバンテスト 佐藤博之氏(会員)
         2)ディスカッションにあたって      村田製作所 斎藤 彰氏(会員)
         3)フリーディスカッション        参加者全員
         4)まとめ

16:50~17:00  3)今後の予定
・2月例会(第136回)2月16日(金) 日科技連 東高円寺

17:30~19:30  例会終了後、懇親会を開催します。皆様のご参加を期待しております。

======================================
12月8日開催135回例会及び懇親会の出欠連絡は、11月17日(金) までに
事務局宛にご連絡をお願いします。(reaj@juse.or.jp)
======================================

(連絡先)日本信頼性学会 事務局 reaj@juse.or.jp
     故障物性研究会 主 査  土屋英晴  tsuchih@katch.ne.jp
             副主査  味岡恒夫   tajioka@kdn.biglobe.ne.jp

 

その他の活動

★日本科学技術連盟主催 第40回信頼性・保全性シンポジウムで発表しました。チュートリアル発表「高信頼性時代に向けた信頼性技術」(発表5件)、パネル討論「高信頼性時代に向けた信頼性技術と部品調達」(8名)を行い,チュートリアル発表では「特別賞」を受賞しました。
★日本信頼性学会,第23回秋季信頼性シンポジウムで、主に第91回,第92回例会で議論した結果を公開し、パネルディスカッション「高信頼性時代における部品選定」を行いました。
★12月10日には、大阪の信頼性試験研究会と合同研究会を行い、当研究会から2件発表し技術交流を実施しました。

  ★ 第41回信頼性・保全性シンポジウム発表一覧
 

最近の活動内容

top