信頼性 - 日本信頼性学会当学会に関するお問い合わせホーム事務局からのお知らせサイトマップ信頼性 - 日本信頼性学会 -
ホーム  >  故障物性研究会 活動トピックス

故障物性研究会 活動トピックス

定例会
  年間で6回開催(原則は偶数月第4週金曜日,13時~17時)予定です。

★★★今後の予定★★★
2022年4月22日 (金)
2022年6月24日 (金)
2022年8月26日 (金)
2022年10月28日(金) 
2022年12月23日(金) 
2023年2月17日 (金)


======================================

  日本信頼性学会『故障物性研究会2022年8月例会 (第160回) 』のご案内

======================================

web会議システム(Microsoft Teams)を活用して実施いたします。

参加される方は、御所属、御名前、メールアドレスを8月23日までに事務局(西崎:reaj@juse.or.jp)宛てに、連絡頂けるようお願いします。
そのメールアドレス宛てにTeamsの開催案内を差し上げます。

<事前に参加者名簿を作成いたしますため、ご参加希望の方は必ず、
ご連絡をいただけますようお願い申し上げます>

1.日時: 2022年8月26日(金) 15時00分~17時00分
    Temsの会議室は14:30から開設する予定です。接続テストや雑談に活用してください。

2.場所: Microsoft Teamsによるオンライン開催

3.プログラム(予定):

プログラムの進行時間が前後する場合がありますので、途中から入室される際は、
希望の発表の一部が聴講できない場合がありますが、ご了承願います。

15:00~ 開催あいさつ
                   (故障物性研究会主査 土屋英晴氏)

15:05~ 新入会員紹介、学会報告、行事紹介など
                   (アドバンテスト 佐藤博之氏)

15:15~ 講演:「車載AEC-Q100規格の紹介」 発表+質疑45分
                   (日清紡マイクロデバイス 亀川幸雄氏)
 車載部品に要求されるAEC-Q100の試験項目、試験条件、加速係数、ミッションプロファイルの背景についてAECをあまり知らない方用に、わかりやすく説明します。

16:00~ 活動紹介および議論:「コンデンサ研究会について」
                   (進行 アドバンテスト 佐藤博之氏)
 前回に引き続き、研究会として成果報告を目的とした長期研究テーマとして積層セラコンを題材とした活動の紹介をします。その後、フリーディスカッションを行います。
1) 一緒に活動頂ける方募集します。
2) コンデンサについて、知りたいこと、疑問に感じていること、募集します。
3) 故障事例、評価事例など、差支えのない範囲で募集します。

17:00  終了予定

終了~18:30頃 リモート懇親会(自由参加・自由解散)


【注意事項】
1)  発表および資料の録画・録音・撮影は、禁止とします。法律に抵触する可能性があります。
2)  多人数での聴講は原則禁止とします。研究会会員以外の方については、事前にオブザーバの連絡をお願いします。
3)  発表者以外の方は、質問するときを除き、マイクをミュートにしてください。
4)  PCにTeamsのアプリが無い場合でも、Microsoft Edge または Google Chromeであればゲストとして参加することが可能です。無理にTeamsをインストールする必要はありません。
===========================================

(連絡先)日本信頼性学会 事務局 reaj@juse.or.jp
     故障物性研究会 主 査  土屋英晴  tsuchih@katch.ne.jp
             副主査  味岡恒夫   tajioka@kdn.biglobe.ne.jp

 

その他の活動

★日本科学技術連盟主催 第40回信頼性・保全性シンポジウムで発表しました。チュートリアル発表「高信頼性時代に向けた信頼性技術」(発表5件)、パネル討論「高信頼性時代に向けた信頼性技術と部品調達」(8名)を行い,チュートリアル発表では「特別賞」を受賞しました。
★日本信頼性学会,第23回秋季信頼性シンポジウムで、主に第91回,第92回例会で議論した結果を公開し、パネルディスカッション「高信頼性時代における部品選定」を行いました。
★12月10日には、大阪の信頼性試験研究会と合同研究会を行い、当研究会から2件発表し技術交流を実施しました。

  ★ 第41回信頼性・保全性シンポジウム発表一覧
 

最近の活動内容

top